awsが選ばれる3つの理由(aws systems manager による自動化や監視システムの精度なども含めた考察)

パソコン18

IT分野の発達とともに、企業などの在庫管理については従来人間がやっていたタスクをITによるシステムに任せてしまうケースが増えてきました。

その最先端をいくのがAmazonによって提供されているクラウドコンピューティングであるawsです。《関連サイト - CloudCREW - AWS運用

一体、awsとは何なのか、導入することでどのようなメリットがあるのかについて当記事では述べています。

awsとは

Amazonといえば、ネットショッピングの分野で世界的に有名な企業として知られています。そのamazonは日用雑貨、書籍、電化製品などお客から注文があった商品についての在庫管理を行ったうえで、注文があったお客に発送を行ったり代金のやり取りをしたりします。

規模が拡大するにつれてそういった一連の作業を行うことには、人間の管理力だけでは限界が出てきました。そこでAmazonは技術力の向上の過程において、IT技術を駆使して、独自のシステムを構築。複雑なタスクをITシステムに任せるようになりました。

人が管理していた領域をITシステムに移行していったということです。システム化することによって人件費が大きく削減されるわけですし、セキュリティについても速度についても向上させることに成功しました。その実現はAmazonが世界的企業に大きく発展した大きな要因であったことは言うまでもありません。AmazonはITを使ったその独自システムの一部を一般にも公開。本格的にサービスとして提供したのがawsと呼ばれるクラウドコンピューティングシステムであるということになります

日常的に活用されている

クラウドコンピューティングは、日用雑貨や食料品のようにサービスとして目に見えるものではありません。ですから、一体どのように社会に使われているのか分かりにくいものですが、インターネットを活用してサーバーやアプリケーションを使うシーンにおいて必ずといっていいほど必要なものです。

実際のところ、クラウドコンピューティングは小さな企業から大きな企業に至るまで活用されています。業界についても、IT業界に限った話ではなく、非常に幅が広いです。たとえば証券会社、旅行会社、携帯販売会社、美容品メーカー、自動車メーカー、コンタクトレンズメーカー、家電メーカーなど 世界的に有名な企業も数多く活用しているという特徴があります。

世界に選ばれるaws

awsを導入している企業からは、クラウドとして有効に活用できているという高い評価の声が多く集まっているといいます。ちなみにクラウド市場においてawsは現在microsoftが提供するazureや google社が提供するcloudplatformといったクラウドサービスを凌駕してダントツで1位のシェアを占めています。

どれくらいのシェアなのかというと、大まかには全体のうち約3割のシェアを獲得しているという状態になります。それだけawsによるサービスは世界中から信頼され選ばれているクラウドコンピューティングシステムであることがいえるわけです。

選ばれる理由➀人件費をカットできる

どうしてawsが他社のサービスを凌駕してそれだけ圧倒的なシェアを誇っているかというと理由は主に3つあると考えられます。1つ目の理由はawsを導入することによって、人件費を大きくカットできるという点です。

従来、ITによってタスクの管理を行おうと思えば、サーバーを準備してからそれを運用管理するまでに至る行程というのは、知識がなければなかなかできるものではありませんでした。ですから、そういった工程を業務のなかで行う各企業は、専門知識のある人を雇って運用させていました。

しかしそこでは、毎月のようにかかる高い人件費というものがネックになってきました。どれだけ業務によって業績を上げたとしても、多大な人件費によって利益がなかなか上がらないという状態に陥りがちになってしまっていたのです。

その点、awsを導入した場合、状況は大きく変わります。クラウドサーバーが、それらの作業工程を網羅するため、余分な人件費をかける必要性がなくなるからです。そこには、実際にAmazonで自社が扱っている在庫の管理を行い成功してきたシステムという実績が信頼を裏付けています。

つまり、極めて精度が高いのです。また、awsを導入する場合、ハードウェアやソフトウェアをあらかじめ購入する必要がありません。つまり、システムを導入するといっても、最初に大きな初期投資をかけるという必要性もないということを意味します。

そればかりか、管理できるデータ量を増やしたいなど、必要に応じて料金が加算される料金体系をとっているため、ユーザーからすると非常に使い勝手がよいのです。仮に専門知識のある人を雇って在庫管理をする場合、必要性が生じたときだけ出勤してもらうといったことはなかなか難しいものです。

それがITによるシステムならばそれが可能であるわけです。その結果、かかっていた人件費を大幅にカットすることができるようになるというわけです。

選ばれる理由②セキュリティが高い

awsが世界の企業から選ばれている理由の2つ目は、セキュリティの管理が充実しているという点です。クラウドサービスにもいろいろありまが、そのなかで特にAmazon 社のセキュリティ管理というのは世界トップレベルを誇っています。

そこにはaws systems Managerの機能性の充実度を見ても一目瞭然です。aws systems Managerはタスクを自動化している企業などが運用しているデータを確認して制御するためのシステムです。

そこではセキュリティについても盤石で、監視するシステムのレベルが非常に高いのです。ですから導入した企業は、データが漏れてしまわないかなどと心配することなく安心してビジネスに専念できるというわけなのです。

awsのdynamodbならできるサーバー監視なしでのデータベース運用

選ばれる理由③圧倒的なスピード

awsが世界の企業から選ばれる3つ目の理由は圧倒的なスピードを実現しているという点です。データを管理する上で、セキュリティを高めるとどうしても速度は落ちてしまいがちですが、awsはそれを感じさせません。

世界最先端のIT技術が導入されているため、セキュリティの高さと圧倒的な速度の両方を実現しているのです。従来、企業は膨大なデータを管理する場合、スピードについても考え、その都度HDDの容量を気にしてタスクを調整しなければなりませんでした。

それがawsを導入した企業は、ほぼ気にしなくても良いという状態を実現しているのです。どうしてスピードに加えて容量についても気にしなくてよいのかというと、awsの場合、拡張性の高さにも信頼度があるからです。

例えば、導入している企業が事業拡大をして管理するデータの量を増やしたいというときは、必要に応じて容量を調整することができるサービスを提供しているのです。ですから各企業は、データ管理についてはほとんど考えることなく、ビジネスに集中することができるというわけなのです。